神奈川県藤沢市亀井野「六会日大前」で営業中。パン屋『Pappa Glasen(パッパグラッセン)』 【CONCEPT - コンセプト -】

CONCEPT - お店紹介

『Pappa Glasen(パッパ グラッセン)』は2012年9月、神奈川県藤沢市にオープンしました。

地元「六会」の皆様に愛される居心地の良いお店づくりを目指し、来店されるお客様には「パンを選ぶ楽しさ」を感じてもらいたいと思っています。

当店は、お客様に毎日おいしくパンを食べてもらえることを1番に考え、地元で採れた旬の野菜や、オーナーの実家である秋田の「長岩果樹園」からりんごを取り寄せて使用するなど、季節ごとに様々な種類のパンをひとつひとつ丁寧に作りこんでいます。

特に「食パン」は時間を掛けて作っており、来ていただいたお客様のトレーに必ず乗せてもらえるよう7種類の味を取り揃えております。中でも売れ筋の「パンカレ」は牛乳を15%配合し、やさしい後味と飽きのこない美味しさを実現しました。

食パン以外にも、3種の粉をブレンドしたこだわりの 「バゲット」や「バタール」、しっとりとしたプリオッシュ生地をサクサクのデニッシュ生地で包んだ上品な味わいの「ディモンシュ」など、調理パン、菓子パン、食事パン、合わせて約80種類を取り揃えておりますので、お店でじっくりとお選びください。

また、店内は余裕を持ったレイアウトになっておりますので、お子様連れやベビーカーでもお気軽にご来店ください。

28歳でパン職人を志し、日本パン技術研究所の製パン技術教育コース本科100日間に入学。
終了後、東京都葛飾区のブーランジュリー オーヴェルニュ井上克哉氏に師事し8年半勤務、うち3年間は同店でチーフを務める。

コンテストにも精力的に参加し、多くの賞を受賞している。

このページのTOPへ